5.晩酌ベストテン 高虎 蔵元:松島酒造(三重県津市安濃町)
2016.12.04
友釣りが終わり、久しぶりのアップです。






自分のふるさと、津のお酒なのですが、
今まで、飲んだことがありませんでした。
(^▽^;)



調べると、サイトはないようです。

蔵元は津市安濃(あのう)町にあり、我が家から車で30分ほどの距離でした。


      


創業は、弘化3年(1846年)。
仕込水には鈴鹿山系経ヶ峰の伏流水を使用しているようです。


酒銘「初わらひ(はつわらひ)」は、創業時の酒造りで苦労した末に、
納得のいく酒ができたときに蔵元に笑いがうずまいたことに由来。
蔵元が杜氏を兼ねる自醸蔵酒造だそうです。


三重県酒造組合の案内では、
全銘柄とも、やや辛口タイプのすっきりしたお酒と紹介されています。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


では、吾輩の独断と偏見に満ちた印象を。


口当たりが軽く、大変飲みやすいお酒です。
辛口とは、それほど思いません。
熱燗でも冷酒でも、、、日本食にも洋食にも合うお酒です。


津の城主、藤堂高虎にちなんだ、

上撰 高虎の満足度は・・・・・・・・・・85%



あまりにもクセがなく飲みやすいのですが、特徴が今一歩かな?
(*^。^*)
14th日置川・安居
2016.10.17
10月15日(土)~16日(日)晴れ時々曇り 〔安居水位=66㎝→62㎝〕



前日の森のお宿のサイトを見て名人が来ている!!

一緒に記念写真でも撮りたいなと思って、7時過ぎに今回の同行者、
クーさんと訪れると、すでに名人は大橋の下で竿を出されていました。

本当にタフなお方です。
(^_^;)





        

構えを見ただけで分かりますね、村田 満名人です。



   

クーさんはじめ、森のお宿のお客さんが畏れ多くも橋上から、
しばらく名人の釣りを拝見させていただきました。
(*^▽^*)





さてさて、、、、、、、、



我々は、毎度の安居へ向かいました。
水量は、かなり減水していて釣りやすい感じですが、
意外と白濁りが強い感じです。

これも、上流のダムが空きっ放し状態だからでしょうか。。。。

石色も、なんとなく泥が被っているようで先日の大雨の影響でしょうか。。。
(~_~;)





   

クーさんは、前回良い目をした対岸へ渡り長岩の下から泳がせで釣り始めましたが、
野鮎からの反応はイマイチのよう。。。。



        

数十メートルある長岩の上を歩いて上流部へ。
前回の爆釣ポイントで、荒稼ぎ?

残念ながら、今日の水況では荒稼ぎはできないようです。


自分も、右岸側から長岩周辺を攻めますが続きません。
一日、泳がせたり引いたりしたのですが野鮎からの反応は、、、、、、


5時過ぎまで残業して、なんとか片手超えが精一杯のお寒い釣果。。。。

クーさんも苦労したようです。


さすがにこの時期この貧果では、体も心も冷えてきました。
(-_-;)



R42沿いにあるリヴァージュ・スパ日置川の温泉へ行き、冷えた体を温め、
すぐ隣にある、道の駅で今シーズン最後の大宴会!

長い長い夜が更けていきました。。。。




------------------------------------------------------------------------------------






       

朝一、道の駅から眺めるリヴァージュ・スパ日置川
ココの温泉の水質も、かなりお勧めですよ。

なんとか、お天気は予報に反して持ちそうですが、
意外と、海はかなりの波が立っていました。



翌日も、またまた、またまた毎度の安居です。

今日の水況は、昨日よりは透き通っていますが釣れるでしょうか。。。





突如、右岸側の河原から小走りにイノシシが!!!

↓…画像をクリックして原寸表示にしてもらえれば、良く分かるかな?


躊躇なく川に飛び込み長岩の方へ、あっという間に泳いでいきます。
ビックリしたなぁ~もう!
(;^_^A






       

どんチャンがお昼に来てくれました。




   

来る直前携帯へ連絡をくれたのですが、これがラッキー電話になったようで、
良型が、チョイ続いて嬉しい悲鳴!

一緒に昼食でもと思っていたのですが、竿が仕舞えません。
(^○^)





       

こちらは、どんチャンと一緒に来てくれた遊友会の釣友たかたかさん。
今年の日置川鮎釣り大会の覇者ですね!
(^O^)/





結局、今日は4時半まで粘ってなんとかツ抜けをと粘ったのですが、
残念ながら一歩手前でした。

強風が一日中吹いたりやんだりで、釣り辛い一日だったのも残念でした。



  

なんとかなんとか、二日で15匹ほどのお持ち帰りとなり、
今シーズンの友釣りを、納竿としました。
(;^ω^)



走行距離は510㎞でした。
13th日置川・安居
2016.10.03
10月2日(日)薄曇りのち晴れ 〔安居水位=朝7時90㎝→11時82㎝に減水〕


友釣り最終月間となりました。。。。。。。。。。



土曜日から楽しんでいるクーさんを追って、
急遽、午前1時に出かけました。

R42をずーっと走って、4時45分にはいつも仮眠するJR日置川駅に到着しました。
尾鷲まで渋々と雨が降っていたのですが、
自動車道ができたことで、随分と早く着けることに自分自身がビックリです。

決して、自動車道をぶっ飛ばしてきたわけじゃなく、
オートクルーズセットで、メーター上105㎞で走ってきましたよ。


えっ?。。。あそこって制限速度70㎞だっけ???(^^;


ちなみに古座川入り口には、3時間ちょうどで到着でした。
(*^_^*)



朝一の、毎度の安居。

  

上流を向いて。
チョイ水の色が白いですね。


            

下流を向いて。
車はクーさんの愛車、新型フォレスターです。



        

昨日釣った天然と使い古した養太君を、各1匹ずつお裾分けしてくれてます。
(^^;)



実は、上流にある殿山ダムが発電所長期点検のため、
9月27日(火)の夜から約半年間、発電放流も止めて常にゲートが開いた状態となりました。


ドチャラが大好きな自分にとっては、ガックシ情報ですが仕方ありません。
(-_-;)




先週の雨で朝一は、まだまだ水位が高かったのですが、
クーさんは対岸に渡って行き、これが良かったのか、
朝から良型を掛けています。

      


自分は、一歩前へ出ることができず、
ポイントまで届かないのか、なかなか掛かりません。

真正面で連ちゃんしているクーさんを、
指をくわえて見てるだけです。
(~_~;)




 

お昼で帰るというクーさんは、余裕の釣果。
サイズも揃っています。
(^O^)/





     

お天気は、晴れてきて暑いぐらいで風もなく、
水位もガクッと下がって、自分的には嬉しい条件なのですが、
なかなか掛かりません。


やっとやっと、午後4時になってエンジンが掛かってきました。


        

掛かるサイズも良くなり、22㎝クラスも1匹釣れました!
(*^^)v




結局、5時半まで延長してなんとかなんとかツ抜け。

  


朝から、水位が低かったら良かったかなぁ~。。。。。
(^▽^;)



走行距離は465㎞でした。

帰りは、紀伊長島I.C~勢和多気I.Cまで奮発して有料区間を走ったのですが、
距離は往路より25㎞ほど短く、時間も40分以上短縮できたようです。
金額は夜間割引で750円でした。

- CafeNote -