13th日置川・安居
2016.10.03
10月2日(日)薄曇りのち晴れ 〔安居水位=朝7時90㎝→11時82㎝に減水〕


友釣り最終月間となりました。。。。。。。。。。



土曜日から楽しんでいるクーさんを追って、
急遽、午前1時に出かけました。

R42をずーっと走って、4時45分にはいつも仮眠するJR日置川駅に到着しました。
尾鷲まで渋々と雨が降っていたのですが、
自動車道ができたことで、随分と早く着けることに自分自身がビックリです。

決して、自動車道をぶっ飛ばしてきたわけじゃなく、
オートクルーズセットで、メーター上105㎞で走ってきましたよ。


えっ?。。。あそこって制限速度70㎞だっけ???(^^;


ちなみに古座川入り口には、3時間ちょうどで到着でした。
(*^_^*)



朝一の、毎度の安居。

  

上流を向いて。
チョイ水の色が白いですね。


            

下流を向いて。
車はクーさんの愛車、新型フォレスターです。



        

昨日釣った天然と使い古した養太君を、各1匹ずつお裾分けしてくれてます。
(^^;)



実は、上流にある殿山ダムが発電所長期点検のため、
9月27日(火)の夜から約半年間、発電放流も止めて常にゲートが開いた状態となりました。


ドチャラが大好きな自分にとっては、ガックシ情報ですが仕方ありません。
(-_-;)




先週の雨で朝一は、まだまだ水位が高かったのですが、
クーさんは対岸に渡って行き、これが良かったのか、
朝から良型を掛けています。

      


自分は、一歩前へ出ることができず、
ポイントまで届かないのか、なかなか掛かりません。

真正面で連ちゃんしているクーさんを、
指をくわえて見てるだけです。
(~_~;)




 

お昼で帰るというクーさんは、余裕の釣果。
サイズも揃っています。
(^O^)/





     

お天気は、晴れてきて暑いぐらいで風もなく、
水位もガクッと下がって、自分的には嬉しい条件なのですが、
なかなか掛かりません。


やっとやっと、午後4時になってエンジンが掛かってきました。


        

掛かるサイズも良くなり、22㎝クラスも1匹釣れました!
(*^^)v




結局、5時半まで延長してなんとかなんとかツ抜け。

  


朝から、水位が低かったら良かったかなぁ~。。。。。
(^▽^;)



走行距離は465㎞でした。

帰りは、紀伊長島I.C~勢和多気I.Cまで奮発して有料区間を走ったのですが、
距離は往路より25㎞ほど短く、時間も40分以上短縮できたようです。
金額は夜間割引で750円でした。

12th日高川上流・龍神~日置川・安居
2016.09.18
9月16日(金)~17日(土)薄曇り→晴れ
        〔龍神・安井水位=67㎝、日置川・安居水位=84㎝〕





またまた前線と台風の影響で雨が降り、どちらの川も水位が高いのですが、
なんとか竿が差せそうなので、今回も南紀への連チャン釣行となりました。



          

旧道沿いにある元湯から向こうへ、数件の由緒ある古い旅館が立ち並びます。


いつものように龍神へ、夜中の2時半頃着いて仮眠をして、
朝の7時前に松阪食堂(オトリ店)へ向かいました。

ご主人&先客とチト雑談をして、8時頃に前回入った大熊へ向かいました。


本当は、デカサイズを求めて温泉より下流部へ行きたい気分でしたが、
この水量では、とてもとても竿を差すことは無理なので諦めました。

私、温泉より上流でしか竿を差さないといったコダワリ屋さんではないです。(^0^;




   

かめたに橋より下流を望むと、
8/27にチョイ面白い思いをした瀬が、ガンガン瀬に変わっていました。

前回は、左の水が流れているところへ車を止められたのですが。。。
(^▽^;)




         

仕方なく、前回クーさんが向かった上流へ行ってみることにしました。



 

水位が高いので、チャラ瀬が早瀬になっているようですが、
ココへ朝一番、養太くんを引いてみました。



      

意外と早く、手頃サイズが釣れて、
手頃サイズがチョイ続きます。


その後、この上流のドン深の瀬落ちにも行ってみましたが反応なしなので、
昼前に戻って、橋下のガンガンへ行ってみましたが、
ノーマルオンリーの私の釣りでは、一ヶ所しか友を入れることができなく、
ココを諦めて、2時半頃に下の湯布へ向かいました。


 



上流にある、大岩の際に強引に友を入れると、
やっとやっと23㎝の、大物が掛かりました。

        



その後、下の平瀬に行ったりしていたのですがイマイチなので、
5時に竿を仕舞いました。


     

なんとかWツ抜けは達成!
(^O^)/



夜は温泉に入って一人寂しく、しかしいつものように豪勢に、
お肉とホルモンで一杯!これが美味い!!
(^○^)



夜空を見上げると、ちょっと雲が多いですが、
その切れ間から、十六夜(いざよい)の月が輝いていました。



-------------------------------------------------------------------------------------




翌、17日は5時半頃に龍神を出発して、
7時に、森オトリ店に到着です。

到着までの間、渋々と小雨が降り続いていました。


ネットの情報などを見ると、森さん周辺から~水まくり辺りが型もよく、
良く釣れるらしいのですが、何も聞かないのが私流?

いつもの下流部の、安居(あご)へ向かいました。


まぁ、結果を見ると、、、、なんですけどね。。。
(~_~;)





  

上流を向いて、先客が2名ほど。
安居に到着すると、雨は止みましたが。。。



     

下流を向いて。
好きな水位より30㎝以上高いので、参ったなぁ~って感じです。


それでも手前の苔も残っているようなので、
いつものように手前から、ジックリ攻めていきます。


          

1時間以上が経っていたでしょうか。
やっとやっと掛かったサイズは、こんなおチビちゃん。
(^_^;)



ポツッ。。。。。。。ポツッ。。。。と忘れた頃に釣れるのですが、
なぜか、掛けたばかりの野鮎に元気がありません。






    

お昼になって、最高のお天気になってきました。

絹雲と入道雲が同居。。。。季節変わりなんですね。。。。。。。



しかし、野鮎からの反応は相変わらずです。



こんな時に、頑張ってくれるのが養太くんですね。
今回は3~4度出勤してもらい、速攻で良い仕事をしてくれました!
(^▽^;)



目印が見えんまで頑張る予定だったのですが、
急な夕立で、5時前に強制終了。


 

雨の中、なんとか釣果をパチリ。
可愛らしいサイズが、やっとやっとのツ抜けでした。

その後、大急ぎで道具を車に放り込み、
近くの安居の渡しの休憩所まで行き、着替えをしました。

着替え終わった頃には、雨も止んできました。。。



やっぱ、人の言うことも、たまには聞かないといけないでしょうかね。。。
(;^ω^)


走行距離は、565㎞でした。

11th日高川上流・龍神
2016.09.11
9月10日(土)晴れ、爽やか〔安井水位=65㎝〕



週半ばの大雨で、あちこちの川が増水して行ける所はと探すと、
福井の足羽川と龍神と地元宮川上流か。。。

ならばと、前回訪れた龍神へクーさんと再度訪れました。
クーさんは先週も訪れたようですが。。。。


朝7時過ぎに松阪食堂(オトリ店)で集合して、
1時間ぐらい、店主や他の釣り客とザワザワと釣り談議に花を咲かせ、
向かった先は、前回COEさんとオヤジさんを案内した湯布(ゆぬの)です。





朝日が眩しいなか、上流のパラダイスへ向かうクーさん。
(*^。^*)


自分は、降りたすぐの場所で竿を出しました。
今日は、前回よりも10㎝以上水位が高いうえ、
大雨により中央部は、まだまだ垢が付いていません。


    

なので、向こう岸の岩盤に付いてる残り垢を狙います。
チョッと流れも強いので、最初の養太くんを入れ込むのにちょっと苦労しました。


それでも、10分ほどで程よいサイズが釣れ、
よっしゃ!と気合を入れますが、掛かるサイズはちょっと物足りません。。。。
(^-^;



          

数匹続いた後、チョイ上流の流れのきつい絞り込みへ強引に引きずり込むと、
23㎝ほどの良型がヒット!!
(^O^)/




しかししかし、、、、



それをオトリにすると、するすると強い流れを上流に上がっていき、
もひとつ上流にある、荒い絞り込みに入っていきます。
これはすぐに掛かるぞっ!と期待してると、痛恨の埋め込み。。。

取りに行くこともできず、さ・よ・な・ら。。。。。
(-_-;)



昼になっても、クーさんは戻ってきません。
爆釣してるのかな?
(*^。^*)



午後3時になって、少し下流にいた釣り人もいなくなったようなので、
下流の瀬を攻めることにしました。


      

今回は水位が高いので、広いザラ瀬になっていて、
流れもチョイきつく、ちょっとスリルある瀬釣りを楽しめます。



  

良型が良型を掛けてくれました!
(^O^)/



しかししかし、、、、、


またまた、深いところで痛恨の埋め込みをしてしまい、さ・よ・な・ら。。。。

良型2匹を、画像に残すことはできましたがね。。。。。。
(-_-;)



      

5時過ぎまで瀬釣りを楽しみ、なんとかW一歩手前の釣果を得ることができました。


クーさんは、6時過ぎまで頑張って余裕のWツ抜けを達成したようです。
(^○^)



その後は、温泉に入りいつもの所で楽しく夜宴。
クーさんは連チャンするので、ビールを満足するほど飲んで充電していたようです。
(^▽^;)



自分は、夜中の3時半頃出発して、
久しぶりに、北山川を見学して8時半頃帰着しました。


 

良く行く河根の瀬(こうねのせ)です。
泊りでいたらしい釣り人が、朝食の準備をしているようでした。

この時の小森ダムの放水量は30tと覚えておきます。

電源開発ダム放流情報:0120-30-2425


走行距離は、約500㎞でした。

- CafeNote -