4th.荘川→益田川上流
2018.07.16
2018年7月14日(土)~15日(日)快晴、微風〔水位=両河川共約20㎝高〕




7月初めに来た台風の影響で、どこの河川も大打撃を被り先週末の釣行はお休み。

やっと竿が出せる状況になって来たので、COE兄弟さんとオヤジさんで、
評判の良い荘川へ行くことになりました。


23時頃出発して、自動車道を利用してぎふ大和Pまで走り仮眠。
早朝みんなと集合して一気に荘川まで走りました。



  

オトリ&入川券を売ってる道の駅には6時半頃到着。



それからが大苦労。
評判が良いからか、物凄い釣り師です。



ウロウロ、ウロウロと1時間半ぐらい場所探しをして、
なんとか荘川の里へ、落ち着きました。




     

上流側。





  

下流側。


なんとか見えてるカーブの辺りに入らせていただき、養太君を放つと、
しばらくして、おチビちゃん連チャンで、なんやねんコレ?
(-_-;)




    

可愛い天然君を慎重に泳がすと、やっと良型が!!
(^_^)v



粘って粘って、昼過ぎまでに「ななつのこ」。
(^_^;)




   

昼からは、午前中上流へ行っていたという、
HATAさんと華さんもやってきましたが。。。。。



なぜか野鮎の反応がまったくなくなり、
一番粘っていた自分も、16時でギブアップ。
(;´Д`A ```




ここを諦めて、益田上へ走ったCOE弟さんから良い知らせが!!


R158を突っ走って、18時ごろ臥龍温泉で集合。


疲れた体を温泉で癒して、その後は朝日道の駅で大宴会!


星空の下、長い長い夜が更けていきました。
(*^-^*)




----------------------------------------------------------------------------




朝6時頃起きると、気温は21℃。

猛暑となっている下界とは、物凄い差ですね。


豪華な朝食を済ませ、8時前に川へ向かいましたが、、、、

ココもやっと釣れるようになったとの情報で、釣り師がいっぱい!


1時間ほどウロウロして、やっと小屋名橋へ落ち着くことができました。
(^_^;)






  

下流側。





     

上流側。
すぐ手前にいるのは、他人さまです。





           

透明度は、この場所で70㎝ぐらいでしょうか。
こんな濁った川で竿を出すのは初めてです。






  

釣れるのかなぁ~と半信半疑でCOE弟さんから強奪した天然君を放つと、
程なくして、良型がヒット!!
(^O^)/



その後は、お昼休憩までポツポツと釣れ続きました。








     

それにしても、素晴らしいお天気。
遠くに乗鞍岳を望みながら釣りをするなんて、なんと贅沢なことか!!

これで、川が澄んでいたら最高でしょう!







  

一人18時過ぎまで頑張り、なんとか26匹。
根詰まり放流2回、掛かりハズレ3回ほど、キャッチミス2回がなければ、
30は超えていたようです。




こんな濁りで釣れるのかなと心配しましたが、
意外と釣れて、最高のお天気と最高の景色で楽しい一日でした。
(^.^)/



走行距離は、530㎞でした。
3rd.足羽川・市波
2018.07.01
2018年6月29日(金)~30日(土)曇りのち豪雨、風少々→曇りのち晴れ、強風〔水位=平水→30㎝高〕



金曜~土曜と出かけられるようになり、iiさんに連絡すると自分もOKとのこと。
彼と連チャンすることにしました。


初めてのところを案内してとお願いして、市波へ向かいました。



 

トロあり瀬ありで大きく動ける良い場所です。



iiさんはすぐに釣り下って行きましたが、自分は目の前からスタート。



      

下の絞り込まれた流速のある所へ他人さんが入ってきました。
(^_^;)




  

お天気は予報通りイマイチなのですが、
なかなかのサイズが掛かりだし、嬉しい予感が!
(*^▽^*)




しかし、、、、、、、




 


お昼から、急速に暗くなってきました。


後で知ったのですが、昼から米原を襲った竜巻の雲が急速に接近!
遠くにきのこ雲のような、変な形をした黒い雲があるなぁとは思っていたのですが。。。


2時半過ぎでしたか。
スンゴイ風が吹き出すと、物凄いカミナリと豪雨が!!!


1時間近く車に避難して雨が止むのを待って、
さぁ、再開と思って川を覗くと真っ赤か。


明日、できるのかなぁ~。。。。。。。
(;´Д`)




      

自分もiiさんも15匹ぐらい釣って、さぁこれから!、、、と思っていたので、
とても残念な一日となってしまいました。


その後は、みらくる亭の温泉へ行って、
ある場所をお借りして、楽しい夜宴が延々と続くのでした。
(^○^)


結局、雨は23時頃まで降り続きました。




--------------------------------------------------------------------------------




翌日も同じ場所へ行くと、水位は30㎝高ぐらいでしょうか。
まだ濁りは少々残っていますが、なんとなく釣れそうな予感。
(^_^)v



   

iiさんが竿を出すと、早速連チャン!




       

自分も慌てて竿を出すと、良いサイズが掛かってきました。
指まで釣ってしまい、大量出血!
(;´Д`A ```




  

お昼過ぎに、iiさんは竿を仕舞いましたが、
お天気は最高となってきました。




    

野鮎も、追気満々のまっ黄っ黄が掛かりだしました。



しかし、、、、


スンゴイ風が吹いてきて竿を持っているのもやっとで、
取り込みに苦労したり、ライントラブルや掛け損じが数回あり、
なかなか数が増やせません。
(~_~;)




  

なんとか4時過ぎまで頑張り、24匹ほどをゲット!


トラブルがなければ、軽く30超えはいっていたと、、、

またまた、”たられば”を言ってしまいました。
(^^;



走行距離は、420㎞でした。
6.いいちこスペシャル 蔵元:三和酒類株式会社(大分県宇佐市)
2018.06.21
2018年の友釣りが始まりましたが、
どうしても飲みたくて、どうしてもこのボトルが欲しくて買っちゃいました。

、、んで、晩酌ベストテンの久しぶりの更新です。


お酒は、どれもこれも好きなのですが、焼酎だけはトーシローです。

麦と芋の区別もあまり分かりません。
(^▽^;)





     


”ふくらむ香り、まろやかな深み。
「iichiko SPECIAL」は、この香りと味わいのために、
新しい酵母によるつくりと、永い成熟の時を重ねて醸した、長期貯蔵の本格焼酎です。


香りきわだつオン・ザ・ロック。伸びのある味わいの水割り。
そして個性ゆたかなストレートで。ひめられた深い味わいの世界を、お楽しみください。”




↑…この言葉に騙されて買ってみました。





サイトを訪れてみましょう。



  


[社   名]三和酒類株式会社

[設   立]昭和33年9月5日

[本社所在地]〒879-0495 大分県宇佐市大字山本2231番地の1



英国・ロンドンで毎年開催されるワイン・スピリッツ・リキュールなどの酒類のコンペティション。
世界90か国以上が参加し、47年の歴史をほこり、
世界で最も権威のあるワインとスピリッツの大会として広く知られ、
毎年その受賞結果が世界の酒類業界の注目を集めています。



  

世界各地から選ばれる審査員により、ブラインド・テイスティング及び科学的な分析で審査され、
各部門から最優秀金賞(Gold Outstanding:93点以上)・金賞(Gold:92~90点)・
銀賞(Silver:85~80点)・銅賞(Bronze:79~75点)が授与されます。
「iichiko SPECIAL」は、最優秀金賞の中で、 最上位のトロフィー(Trophy) に選ばれました。






★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



では、吾輩の独断と偏見に満ちた印象を。


確かにマイルドで、ストレートで飲んでも美味いです。

深みは、、、、と言われると、、う~~~ん、どうかな?

ウィスキーを毎日飲んでる吾輩としては、とても軽い感じです。


いいちこスペシャルの満足度は、、、、、93%



もうチョイ、それなりの独特のクセが欲しいかな?
(^_^;)

でも、ボトルは買った甲斐がありました! 素敵!!
(^O^)/

- CafeNote -