7th.益田川上流・小屋名橋→久須保橋
2017.08.13
2017年8月11日(金)~12日(土)晴れ・風少々〔水位=チョイ高〕




日置川へ行って以来2週連続ヤボでボツとなり、久しぶりの釣行です。


週初めの台風5号の影響で、行く川が限られてしまいました。



昨年に引き続いて、COE兄弟さんとオヤジさんにお世話になり、
益田上まで避暑を兼ねて、片道250㎞を北上しました。


22時に出発して、午前2時半頃に道の駅”渚”に到着すると、
大型トレーラーがエンジンを掛けたまま止まっているので喧しく、さて、どうしたものか。。。。。。

そうだ!、、と思い、道の駅を通り越したすぐの川のそばで仮眠することにしました。



5時半過ぎにはCOEさんが駆けつけてくれて、
初めての場所となる、小屋名橋下流へ案内していただきました。



    

   上流側。


           

         下流側。


釣り人が少なく見えますが、これはみんなが諦めた昼前の様子。
朝の一時は、解禁並みの大混雑状態だったとか。


、、、と言うことは、釣れません。


泳がせど泳がせど、3匹の養太君共々溺死寸前です。
( ̄▽ ̄;)



昼からは、先に行っていたCOE弟さんの呼び掛けで久須保橋下流へ移りました。

                    

                 上流側。COE兄弟さんが並びます。


          

        下流側。


この下流の瀬肩で、COEさんが午前中に釣った貴重な天然をいただいて、
やっと、やっと入れ掛かりドラマが始まりました!
(*^▽^*)



    

こんな22㎝を超える幅広の良型が掛かり、迫力満点!!!
(*^^)v




           

上流の深トロにいるCOE弟さんも良型を掛けて、竿を曲げています。


結局この日は、ツ抜けも達成できて満足して、
臥龍温泉で疲れを癒して、

道の駅”朝日”に戻り、みんなが持ち寄った食材で豪華夜宴の長い長い夜が更けていきました。
(^○^)




-----------------------------------------------------------------------------





翌日は、朝から久須保橋へ。



    

チョイ雲が多いですが、暑い暑い夏晴れとなりました。




          

        瀬肩で良型を引き抜くオヤジさん。




   

 対岸へ渡り、瀬の良型をジックリ狙うCOEさん。




結局、この日は4人とも18時半まで遊んで、”悪い子”になっちゃいました。
(;^_^A




       

    二日間で26匹の美味い良型の益田上流の鮎が掛かりました。



真夏の避暑を兼ねて行く川としては、最高の処ですね♪
(^O^)/



走行距離は495㎞でした。
6th.日置川・安居
2017.07.24
2017年7月22日(土)~23日(日)微風、暑い〔安居水位=81㎝〕



明日の日置川鮎祭り&鮎釣り大会のため、
fumiさん&クーさんと、久しぶりの3人組での釣行です。
(*^▽^*)





fumiさんは前日からのお出かけですが、
森のお宿で土曜の朝に集合して作戦会議をして、
クーさんと自分は先に出発して、アチコチ偵察してから安居に落ち着きました。



    




           

お昼には、fumiさんも加わり3人仲良くガマンの泳がせです。

遠くに見えるのがfumiさん。手前がクーさんです。
(;^_^A





     

こんな良型も釣れるようになってきました。






              

夕方には、またまた絶滅危惧種のアユカケを掛けました。
(^▽^;)






    

目印が見えない直前まで頑張って、なんとかWツ抜けを突破!
(^O^)/



夜は、豪華な夜宴で盛り上がりました!
(*^^)v





-----------------------------------------------------------------------------------





翌日は、日置川鮎釣り大会。


お二人は、しっかりと10位以内に入り、

     記念品と来年の年券をゲット!!




                



       




自分は、昨年と同じく決勝戦進出一歩手前の釣果で大泣き。

修行が足りません、、というか、勝って気ままな釣りスタイルなので当たり前か。。。。。。。。。
(~_~;)



日置川鮎釣り大会の詳しい模様は、fumiさんちからどーぞ!
(*^▽^*)






しかし、、、、、、






クジ運には、昨年に続いて強かったようで!!





     


お楽しみ抽選会では、高級ふとん乾燥機が当たりました!
('◇')ゞ




来年も頑張ろうーーーーーーっと。。。
(*^。^*)



走行距離は520㎞でした。





追記:


アユカケは唐揚げに。

    

メチャンコ美味いです!

5th.足羽川・大久保橋下流→丹生川・平篠橋上
2017.07.16
2017年7月15日(土)~16日(日)晴れ、微風、暑い〔両河川平水〕






一日目は、相変わらずの足羽川・大久保橋下流へ。



        

上流側




   

下流側



朝から日差しが強く、風もなく暑いです。


週半ばの雨で増水して、やっと平水になった感じで条件としては最高!、、、のハズです。



連休初日だし、お天気も良く水況も良く、きっと釣り人が多いだろうと思っていたのですが、


意外や意外、、、、。。。。
(^_^;)





     

今日の水位だと、上流の瀬を下から泳がせるのはチョイ難儀が要ります。





             

泳がせたり、上流から引いてみたりして良型を抜いていきます。




しかし、、、、、





7匹ほど釣った直後、デカウグイを掛けてしまいました。
(゚Д゚;)







糸を切るしかないかと焦ったのですが、後で来た下流の親切な釣り人が、
タモを出して、掬ってくれて事無きを得ました。


ありがとうございました!
(^_^;)








その後、瀬をその釣り人に渡して下流の平瀬へ。



     

平瀬の下で、13時から確変モードに!!
(^_^)v



16時まで続いたのですが、その後はさーーーっぱり。




17時過ぎには、竿を置きました。。。。。。。




         

数えてみると29匹。
満足して、みらくる亭の温泉へ。
(^O^)/






-----------------------------------------------------------------------------------------








翌日も足羽川でする予定でしたが、それなりに釣れたので、
帰り道の途中にある、余呉湖の東北に流れる丹生川へ行ってみることにしました。




   

ココは、評判もイマイチでガラ~~~ン。
^_^;




               

昨年、良い思いをした平篠橋上で竿を出すと、
瀬肩で良型がイッパツ!
(^O^)/



         





しかし、、、、、、、






その後は、琵琶湖の小鮎と変わらないサイズが続き、
暑さと昨日の疲れもあり、11時にジ・エンドに。





      

ツ抜けに今一歩でした。
青黒い養太くん2匹が、ヤケに大きく見えるでしょ(笑





            

早く帰れたので、
可愛い丹生川のアユは、早速”洗い”にしていただきました。

マイウーーー!!!
(*^▽^*)



走行距離は420㎞でした。

- CafeNote -