1st.日置川・ワルゴケ→安居→旧学校前
2018.06.04
2018年6月2日(土)~3日(日) 快晴、風微風〔安居水位=94㎝〕




さぁー!今年も友釣りが始まります!!
(^O^)/




今年の南紀の遡上は、どこの河川も異常なほどに多く、
これは、解禁時にはどうなることやらと大きな希望を持って待っていたのですが、、、、


フタを開けると。。。。。。



5月の数回にわたる大雨と、それに伴いダム放流が何度もあり、
急激な大増水と急激な水温の変化で、日置川は大打撃を被ったようです。



しかし、、、、、、、、、、、、、、



やっぱ、訪れてみないと分かりません。

この二日間、大阪のクーさんと出かけてみることにしました。




早朝の3時半に出発して、朝の8時に森のお宿へ到着。


明けましておめでとうございます!、、と、ご挨拶。



下流より上流の方がと言っていただいたのですが、、、、、、


へそ曲がりで勝手気ままな私は、クーさんを引き連れて下流へ。
(^▽^;)





   

最初は、ワルゴケに陣取りました。


       

こちらは上流側。手前がクーさん。

奥は他人さま。


わずか3人で独占状態!
(*^▽^*)




フェイスブックにドロンで撮った動画をアップしました。

釣友のタマさんに譲ってもらった初心者用のドロンで、

スマホがあれば実況が見られるのですが、今はガラケーに戻したので見られません。

なので、感に頼って目くらめっぽうに撮ったのですが、けっこう上手く撮れてますよ。

ノーカットなので、チョイ長いですが是非、ご覧ください。。。^_^;





  

下流の瀬を攻めますが無反応。。。

昼前を待たずして、全員が撃沈。。。。
(~_~;)



昼食を済ませてからは、いつもの安居へ。



         

途中の向平(いだいら)を覗くもガラ~~ン。。。。。




安居の長岩。

  

遠くに点と見えるのがクーさん。



        

自分は、長岩の上流側の急瀬へ。



    

結局は、来た時に掛かっていた釣り人がいた下流のチャラチャラ瀬へ入ったクーさんが、
ガマンの釣りで6時まで頑張りなんとかツ抜けと。


自分は、、、、、、出家しました。
(;´Д`)



夜は、安居の渡しのドンブカで、ウナギを狙いながら楽しい夜宴。

向こう岸に光るホタルを眺めながら、長い長い夜が更けていきました。



-------------------------------------------------------------------------------------



翌、日曜日は森のお宿主催のシマノの試竿会。




  

高い高い柔らかめの竿を、お願いして急学校前へ。



     

クーさんは手前のチャラを狙いますが、



二人とも昼までの予定なので、私はいきなり本命の所へ。

 




     

やっとやっとやっと、今年の野鮎をゲットしました。
(;^_^A


12時手前まで頑張り、なんとか片手の可愛い野鮎をお土産にすることができました。



ウデじゃなく、竿が良かったんでしょうか?。。。。
(;^ω^)



走行距離は510kmでした。
14th. 日置川・安居
2017.10.15
2017年10月14日(土)曇り、ほぼ無風〔安居水位=73㎝〕



天気予報では、雨模様なのですが、
大阪のクーさんが前日から川に入っており、中嶋の瀬で爆釣、
夜、ワルゴケで粘って70㎝ほどのウナギをゲットとのこと。

早朝、小雨降る中3時半に出発して追いかけました。
(*^-^*)





      

7時半過ぎ安居の渡しの休憩所に到着し、早速良型のウナギを見せてもらい、
私が持っていった網で白焼きにしていました。
羨ましいーーー!!
(*^▽^*)





その後、そのまま安居の長岩へ。

先客が2名おりましたが、挨拶をして割り込ませていただきました。



  

彼は、早速ドチャラトロの下へ入りました。
今の時期、こんな処で数が伸ばせるのですよね。






       

自分は、長岩の下で竿を出しました。





彼が使った養太君を借りて、すぐに1匹が掛かり、これはと思いましたが、
次がなかなか来ません。
(-_-;)







  

チョット時間が掛かりましたが、次に来たのは、
こんな真っ黄っ黄!






しかし、、、、、







それからは、なかなか掛からず長岩の上の瀬へ向かうと、
良型が、チョイ続いて嬉しい悲鳴!
(^O^)/










昼からも長岩の際を狙って、瀬釣りを楽しんでいると、





      

こんな、良型の真っ黄っ黄が掛かりました!

画像では、うまく再現されていませんが、
本当に、やる気満々のスンゴイ黄色の鮎でした。


久しぶりにュィーーン!ュィーーーーン!と糸鳴りを聞きました。

瀬釣りは、迫力があって本当に楽しいですね!
(*^^)v






 

彼は、昼からもチャラトロ尻で遊んで数を伸ばしているようです。







      

結局は、5時まで頑張って数はやっとのツ抜けでしたが、
良型が数匹釣れ、お天気も持って満足な納竿となりました。



今シーズンも、素敵な釣友と素敵な川と素敵な鮎に出会えて、
楽しい友釣りができました。



すべてに、ありがとうです。
(*^▽^*)





日曜も頑張ろうと思っていたのですが前夜からの雨が止まず、お昼過ぎに帰ってきました。


走行距離は490㎞でした。
13th.日高川上流・龍神、上湯布
2017.10.01
2017年9月30日(土)うす曇りのち晴れ、ほぼ無風〔安井水位=71㎝〕


今シーズン最後の龍神です。
前日の夜9時過ぎに出発して、午前2時前にいつも仮眠する場所へ到着です。


空を見上げると満天の星!。。。。。うん?、、、チト雲があるか。。。
上弦の半月をチト過ぎた月光が眩いぐらいです。

気温はと車の表示を見ると11度。寒い。。。。
早速、睡眠薬??を飲んで仮眠します。




 
6時過ぎに起きると、薄曇りの感じです。
コンビニで買ってきた朝食用のサンドウィッチを食べて、
7時過ぎに松阪食堂&オトリ屋へ向かうと、クーさんが既に到着していました。



しばらく作戦会議をして、上流の上湯布へ向かいます。


川へ降りる所に民家があり、チョットした空き地に車を止めさせてもらい、
駐車場代を料金入れに入れていると、家主が出て来られたので、
ご挨拶をして、そこから川へ降りて行きました。




         
クーさんは、早速上流へパラダイスを見つけに向かいます。
水位は、ほぼ平水って感じでしょうか。



     
自分は、下流へ行ってみることに。。。。





  
しかし、、チト下ると先客が!!!
そして、もう掛けてるではないですか!
(;´∀`)





       
マイッタなぁ~と思いながら、足元から始めることにすると、
ほどなく良型が掛かり、ホッと。
(*^-^*)



2匹目もすぐ釣れて、チョット一安心だったのですが、
それからが、、、、、、長い沈黙が続きます。

下流の釣り人も、同じく掛かっていない様子ですので、
チョイ上流へ向かうことにしました。





  
こんな処や、、、、




       
こんな処を狙いますが、あまり良い反応がありません。





昼には、クーさんも戻って来て釣果を聞くと、
上流も、かなり厳しい感じです。

河原で簡単な昼食を済ませ、クーさんはまた上流の戦場へと消えていきました。





 
自分は、目の前の対岸の壁や、沈み根を狙いますが反応がありません。



下流へ行ってみようかと歩を進めると、またまた午前中にいた釣り人が戻ってきました。

ガックリ。。。。。。。。




自分がいた釣り場は、一日中陽が当たらなくココは良くないなと感じながらも、
もう、動くこともできないので足元のドチャラ瀬に友を引くと、



       

ギュイン!と、良型が3連ちゃん!!!
(^O^)/





   
その後、5時前まで寒い影の中頑張りましたが、
ツ抜けには、今一歩でした。


それでも、22~24㎝ぐらいの良型が揃い、

動くことができなかったことを振り返ると、それなりに満足とするか。。。
(^▽^;)



その後、クーさんと温泉へ向かい冷えた体を温め、
楽しい夜宴が、長く続きました。



本当は、翌日もしようかと思っていたのですが、
チョット草臥れて、それなりに最後の龍神を楽しめたので、
クーさんにことわりを入れて、夜中に出発して早朝帰ってきました。


走行距離は474㎞でした。


次、日置川へ行って今シーズンの友釣りを納竿する予定です。

- CafeNote -