炭酸水で甘露煮
2021.12.30
You Tubeで数日前に発見して、早速挑戦してみました。
(*^-^*)





 

10月9日に釣って来た、郡上のアユを使いました。
普通に素焼きします。
大きいのは23㎝ぐらいあります。





   

炭酸水500㏄で、一煮立ちさせます。





     

砂糖大さじ3、おろしショウガ大さじ1を入れ、
落し蓋をして、中火で30分煮ます。






 

酒、みりん、濃口醤油をそれぞれ大さじ3入れて、
一煮立ちさせ、中火に落として10分煮ます。






   

チョイ強火にして、タレをかけながら照りを出します。
殆どタレがなくなったら火を止め、冷まします。






     

とても良い感じに出来上がりました。
味も、程よい感じです。

なんたって、早く簡単です!
(^o^)/
14th.日置川・口ケ谷
2021.10.17
2021年10月16日(土)晴れ、弱風
    (安居水位=78㎝、平水チョイ低)



金曜日から行ってるクーさんを追いかけて、
午前3時半に出発して、7時半頃森オトリ店に到着しました。

昨日はワルゴケで頑張ったようですが、
今日は、最下流ポイントとも呼べる口ケ谷へ、
入ってみることにしました。




 

上流を向いて。
左岸側の流れは、殆ど無くなって、
右岸側が本筋となったようです。
車を置いたチョイ上流に、クーさんが入りました。

橋直下にいるのは、他人様です。




   

下流側。
まったくの、ノッペラボーとなりちょっと残念。
チョイ下流には、ソジが張ってあります。




     

最初の1匹をゲットするのに、1時間ぐらい掛かったでしょうか。
しかし、続きません。




 

左岸側へ移動してみました。




         

やっとやっと、チョイ良型が掛かりました。
しかし、やっぱり続きません。
(;´Д`)




  

クーさんも橋直下左岸側へ入りました。
たまに振り返ると、ポツ、、ポツと掛かっているような。。。。




    

昼からも左岸側から攻めると、まっ黄っ黄のカワイ子ちゃんが!
(;^_^A




陽が傾いて16時前頃だったでしょうか。
ナニがきたのか、スンゴイ勢いで目印がぶっ飛び、
あっという間に、サヨウナラ。
こんなのが2回も続き、ガックリ。。。

ひょっとして、一昨年に掛けたコイツのチョイ大きい奴かも?
とにかく一瞬にして、仕掛けをぶち切っていくので、
さっぱり正体が分かりません。




    

全く調子が出ず終了して、
少ないすべてを、クーさんのうなぎ仕掛けのエサに。
(;^ω^)

翌朝LINEで聞くと、良型が1匹掛かっていたようです。




 

夜は、初めて行く”サンセットすさみ”のお風呂にドボン。
海水浴シーズンも終わっているので、ほぼ貸し切りで、
ゆっくりできました。
日置川交差点から7分ぐらいでした。




さてさて、、、




翌朝4時過ぎに出発して、R42を帰ってくると、
6時半前だったでしょうか。
七里御浜に入って、道の駅手前で突然ゴトゴトと激しい揺れが!!




      

すぐに左に寄せて、タイヤを見ると左前輪に物凄い大きな石がブスッ!
こんなのが突き刺さるか?、、とビックリ!!

久しぶりのタイヤ交換に手間取り、腰が痛い痛い。
(>_<)

終わり頃、早朝巡回のパトカーが来てどうしたんですかと。
見れば分かるでしょ!
重たいタイヤを持ってもらい助かりましたが。
(;^_^A


貧果とパンクで、思い出深い友釣り納竿日となりました。

走行距離は515㎞でした。
13th.長良川・郡上、乙原~美並
2021.10.10
2021年10月9日(土)晴れ、微風、程よい暑さ
    (稲成水位=36㎝、チョイ低)




最後の悪あがき月間。
さて、どこへ行こうかと思案して釣友の”どんチャン”に連絡を入れると、
郡上へ行くとのこと。
自分の思惑とドンピシャだったので、甘えることにしました。



     

お世話になった”どんチャン”がニッコリ!
(;^ω^)


初めての場所をとお願いして、着いた場所は乙原。
法伝橋のチョイ下流です。
水位は低めですが、ボク的には嬉しい水位です。
(*^^*)




 

下流を向くと、逆光で目印が凄く見難いのですが、
養太くんが川に馴染むと同時に、小気味よい当たり!
さすが「使えば分かる4匹千円の矢島のオトリ」です!
朝一寄った時には、並ぶぐらいの盛況でビックリしました。
(^▽^;)


しかし、、、引き抜いた瞬間に空中分解。
十分に溜めたつもりでしたが、、、
今日の幸運が逃げていきました。
(;´Д`)




      

その後、やっと掛かった奴は重量感たっぷりの良型。
(*^^)v

 

 

こんなガンガンやトロを丹念に狙ったつもりでしたが、
昼までにフタツ。。。。

ツ抜けどころか、ツー抜けも出来ません。
つーは、夜中に出てきたのですが。。。。。

どんチャンも上流、下流と動き回っていましたがイマイチのようで、
お昼の作戦会議後、場所移動することにしました。




   

着いた先は、チョイ下流の新美並橋上流部です。
ココは数年ぶりの処で、懐かしい感じがしました。




      

上流、画像中央にポツンと赤く見えるのが、どんチャン。
泳がせ名人なんですが、最近は瀬釣りに目覚めています。
(*^-^*)




         

下流部は大トロが広がり、橋直下からは有名なガンガン瀬です。




           

中央は苔が付き過ぎの感じがして、脇の瀬筋をネチネチ攻めますが、
数回触ったような感じはしましたが、なかなか掛かりません。
16時を越して諦めかけた頃、釣友のボルビックさんから励ましの電話が。

すると、なんとスマホを仕舞った瞬間から良型3連ちゃん!!
幸運を呼ぶ電話となりました!
(^o^)/




 

やっとの片手しか釣れませんでしたが、重量感たっぷり!
久しぶりの郡上は、やっぱ”友釣りの聖地”ですね!
どんチャンは、頑張ってツ抜け達成。
最長寸は26㎝ほど、あったようです。

走行距離は340㎞でした。

- CafeNote -